« メガスターII広島特別投影&大平貴之トークショー | Main | 押尾コータローLIVE »

April 07, 2008

3月のまとめ【映画編】

新年度がやってきました。

年度末で忙しいはずなのに,3月は映画7本鑑賞できました。

 

ONCEダブリンの街角で

アイルランドの映画。「麦の穂」みたく痛くなかったのでそれだけで満足。なんてことない映画ですが,こんな映画好きです。

鑑賞後,amazonでサントラ盤をポチッとしてしまいました。

ジェシー・ジェームズの暗殺

ブラッド・ピットの変質者ぶりが凄い。でも,ちょっと長すぎるんでは・・・途中中だるみしましたが,畳み掛けるような後半はよかったです。

ペルセポリス

イラン革命から,イラン・イラク戦争の激動の時代を生きた女の子の半生のアニメ。あんまり好きじゃないなぁ。でもここのところ中東を舞台にした映画をよく見ています。その度に知識の乏しさを嘆いているような気がします。もっと勉強せねば・・・

ガチ☆ボーイ

あのポスター,あの予告編では普通はスルーでしょう。友人の「いい」の一言がなければ,鑑賞することはなかったでしょう。「明日の僕へ」と書かれた大学ノート。泣かせてもらいました。

ハーフェズ ペルシャの詩

麻生久美子,異国イランで頑張ってました。海外初進出がイランとはビックリ。

全国映連総会,楽しみです。

カフカ田舎医者

体調悪いときに鑑賞したので,ちょっと気分悪くなりました。本当は面白いだろうけどね。「頭山」は今回もツボだったんですが・・・

人のセックスを笑うな

「腑抜けども」の時の永作博美がよかったので,期待していたんですが・・・どうも彼女は助演の方がキラリと光るようです。途中から蒼井優の「えんちゃん」の映画になっていました。

劇団四季ミュージカル「美女と野獣

映画ではないんですが,「美女と野獣」広島公演も鑑賞しました。東京の初演以来でしたが,ずいぶんと舞台美術が進歩していたような。坂本里咲のベルはホントベルらしかった。追加公演がなかったら,千秋楽だったのに・・・

さて,4月です。だんだん暖かくなり,自転車日和?忙しくなりそうです

映画の方は今年のアカデミー賞で話題となった作品が登場しますね。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「モンゴル」「フィクサー」「ヒトラーの贋札」「アイム・ノット・ゼア
迷子の警察音楽隊」「サラエボの花」も面白そう。それにリバイバル作品「冒険者たち」の上映もあるし^^
時間が足りそうにありません。

|

« メガスターII広島特別投影&大平貴之トークショー | Main | 押尾コータローLIVE »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/40807924

Listed below are links to weblogs that reference 3月のまとめ【映画編】:

« メガスターII広島特別投影&大平貴之トークショー | Main | 押尾コータローLIVE »