« 1月のまとめ | Main | 強風〜ピュー! »

February 17, 2008

M.ムーア監督「SiCKO」上映会

昨年劇場公開時に残念なことに見逃していたM.ムーア監督の「SiCKO(シッコ)」の上映会が地元医師会と市の主催で開催されることを知り,鑑賞。しかも無料。だけど医師会がなぜこの映画を市民に見せようと思ったのか?

地元には大きな公立病院が3つある。これまでその3つの病院で診療されていた産婦人科が,この春から2つに集約されることとなった。小児科の救急医療の問題などもかかえている。アメリカの抱える医療問題がよその国の話だけではすまされない事態を見越しての啓蒙活動なのか?

まぁ,でも無料だし,利用しない手はないと参加しました。

 

M.ムーア監督の手法は批判も多いし,注意してみないと大きな誤りを見逃すこともあるのだが,それも含めて好きな監督で,今回も楽しむことができました。

 

ただ,次の点があまりにも残念で・・・

 

まず,会場が市民会館というとても映画を上映するような環境にないところ。

ここでは,所属する地元の映画サークルでも年に1回拡大例会と称して利用しているのだが,いつも思うことは,「映画の上映に向いていないな。」入口扉を開けると外の光が直接スクリーンに当たる,音響設備が最悪などなど。今回も結構光が入ってましたし,スクリーン裏にスピーカーがないため,スクリーンから音が聞こえないといったことも感じました。

でも,そんなことよりももっと腹立たしかったのは,何を求めていたのかわからないけど,上映開始になっているスクリーンに向かってストロボ写真とってる輩。スタート直後で少しイラっとなりましたが,その後映画に没頭,エンドロールを見ながら感慨にふけってると,いきなり司会者の締めの挨拶が・・・

この失礼な行為により,M.ムーアの母への愛がぶっ飛ばされてしまいました。結局,エンドマークを見ることなく上映会終了のアナウンスが・・・

先日なくなられた市川崑監督が生前「映画を愛してください」と舞台挨拶で語られたことがあったが,この主催者たちには映画への愛は微塵もないんだろうな。

 

せっかくの楽しい映画鑑賞がだいなしに

「無料より高いものはない」をまさに感じてしまった一日でした。

|

« 1月のまとめ | Main | 強風〜ピュー! »

Comments

うーん、まったく同感。
私たちも無料だからといそいそと出かけましたが…
上映環境、ストロボ、司会の締めのあいさつ…まさに!「ただより高いものはない」

Posted by: 竈猫 | February 17, 2008 at 05:53 PM

竈猫さま,

ああいう場所での写真撮影って結構気を遣います。
じゃあ自分がどうなのかって考えると,反省せねばならないことも多く,自省も含め考えさせられました。が,上映中の撮影は言語道断。

少しでもいい条件で映画が鑑賞できるよう努力する,これも映画への愛だと感じた次第です。

Posted by: gajumaru | February 17, 2008 at 06:27 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/40157332

Listed below are links to weblogs that reference M.ムーア監督「SiCKO」上映会:

« 1月のまとめ | Main | 強風〜ピュー! »