« 挑戦しない奴が負け犬なんだ~リトル・ミス・サンシャイン | Main | 澤野時代の山中千尋 Living Without Friday »

January 14, 2007

ブラッカムの爆撃機 ロバート・ウェストール

穏やかな日曜日の朝に、ベットの中で心地よいJAZZを聴きながら・・・

Blackham

ロバート・ウェストールのブラッカムの爆撃機は第2次大戦中の英国の通称Wimpyと呼ばれる爆撃機に搭乗する少年たちの物語だ。おそらく本国では児童文学の範疇に入るのだろうが、日本では・・・
本書は1990年に初翻訳されて福武書店から出版されているが、この作品にほれ込んだ宮崎駿が当時の翻訳者のまま岩波書店から復刊されたものだ。しかも本編の前後にカラーで描きおろしの「タインマスへの旅」という宮崎駿本人の漫画による旅行記というなんとも豪華なおまけ付きなのだ。

主人公の搭乗する爆撃機の機長がカトリックのアイルランド人という設定だったのが、つい最近見た「麦の穂をゆらす風」を思い出させ、何故にアイルランド人が英国空軍に従軍しているのかチョット不思議な感覚だった。あとは、少年たちが遭遇する不思議な恐怖は、イーストウッドの硫黄島2部作を思い出させた。

読み終えたとき、心地よいJAZZは2廻り目が終わったところだった。
ウェストールとこのJAZZのアルバムは当分私のお気に入りになりそうだ。

その他のロバート・ウェストール作品:猫の帰還弟の戦争"機関銃要塞"の少年たち海辺の王国禁じられた約束 など・・・
徳間書店から結構出てるのね。徳間書店とジブリ・・・不思議だ・・・

|

« 挑戦しない奴が負け犬なんだ~リトル・ミス・サンシャイン | Main | 澤野時代の山中千尋 Living Without Friday »

Comments

TBありがとうございました♪
この本が気に入って頂けて、作者も好きになって頂けたら、もう、出版社になりかわって御礼申し上げます(笑)。
ウェストールはほんとうに魅力ある物語を書くかたなので、もっともっと知られてほしいと思います。

徳間書店から出版されているのは、小説の出版から撤退したベネッセから編集者が移り、出来るだけ既刊本を復刊させているからです。
それに、アニメ本は徳間の得意とするところ。
だから、この本が岩波から再刊と聞いたときには腰が抜けました(爆

こちらで紹介されている『麦の穂をゆらす風』も、観たいですねえ。
とはいっても、簡単には映画館に行く時間が取れないんですけど。

こちらのブログ、ブックマークしちゃいました。
また遊びにいらしてくださいね。

Posted by: ヤヤー | January 14, 2007 at 09:31 PM

ヤヤーさん
TB&コメントありがとうございました。
お勧めいただいた「海辺の王国」早速近くの図書館で借りてみました。
密林さんのレビューも拝見させていただきました。
これからもいろいろと教えてくださいね。

Posted by: gajumaru | January 15, 2007 at 10:52 PM

TBさせていただきました。

戦争がいつまでも人の心に影を落とす様子が胸に刺さりました。

Posted by: タウム | May 03, 2007 at 08:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/13486565

Listed below are links to weblogs that reference ブラッカムの爆撃機 ロバート・ウェストール:

» 浜辺の茶屋 [沖縄観光データバンク]
その沖縄にあるタコライスとはメキシコ料理の一つでタコスの具(ひき肉、チーズ、レタス)等をご飯の上にのせた料理です。 ボリュームは、かなりありますよ。 お皿いっぱいにのっていますので、気をつけて食べる必要があります。 [Read More]

Tracked on January 14, 2007 at 02:19 PM

» となりのトトロ 画像 紹介サイト [となりのトトロ 画像 紹介サイト]
となりのトトロのファンのためのサイトを勝手に立ち上げています。とっておきの少し古い話や画像なども紹介しますので、参考にしてください。 [Read More]

Tracked on January 14, 2007 at 06:54 PM

» 『ブラッカムの爆撃機』(レヴュー編・追記もあります) [おかめはちもく。]
「ウェストールをあなたに。」 あの『ブラッカムの爆撃機』がついに復刊されると知ったとき、嬉しくて飛び上がりそうでした。 しかも『ぼくを作ったもの』という作品も収録されています。 ウェストールの作品はどれも自分の分身を描いているように感じられるのです..... [Read More]

Tracked on January 14, 2007 at 09:15 PM

« 挑戦しない奴が負け犬なんだ~リトル・ミス・サンシャイン | Main | 澤野時代の山中千尋 Living Without Friday »