« 今日は立待月 | Main | 栗名月 -十三番目の月 »

October 09, 2006

荻原浩「神様からひと言」がドラマ化

がんばる人の神様は、きっと、すぐそばにいる。
日々、まじめに、一生懸命に生きているあなたに贈る
元気が出る会社ドラマ!

Dramaw

明日の記憶」の荻原浩の原作、「神様からひと言」がWOWOWドラマWで12月放送が決定されたそうです。

原作読んだときから、これが映画化されると面白いだろうなぁと思っていましたが、WOWOWのドラマWとは・・・
監督は「ロボコン」「さよならみどりちゃん」の古厩智之。
気になる配役は、主人公佐倉に「電車男」伊藤淳史、先輩篠崎が陣内孝則、お客様相談室のマドンナ宍戸に原沙知絵。どうでしょう^^

|

« 今日は立待月 | Main | 栗名月 -十三番目の月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/12205100

Listed below are links to weblogs that reference 荻原浩「神様からひと言」がドラマ化:

» 「神様からひと言」/荻原 浩 [京の昼寝〜♪]
「神様からひと言」(荻原 浩著)【光文社文庫】  大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。 入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているやいなや……。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説!  暫く重松ワールドにドップリ浸�... [Read More]

Tracked on October 09, 2006 at 12:40 AM

« 今日は立待月 | Main | 栗名月 -十三番目の月 »