« 追悼 | Main | ぼくの夏休み »

August 18, 2006

ユナイテッド93 -大切なのは忘れないこと

United93_1 職場の先輩の告別式の後、お元気であれば彼も見に行かれたであろう「ユナイテッド93」を鑑賞。

9.11の真実について、色々と語られているが、犠牲になられた方がいることは間違いのないことである。9.11を経験した我々に最も大切なのは、ヒロシマ、ナガサキと同様、記憶を風化させてはならないことだと思う。

61年目のヒロシマ・ナガサキ、小泉の靖国参拝、イギリスでの自爆テロ未遂発覚、そして先輩の急逝、いろんなことが起きた中での鑑賞・・・

前半部の平凡な時の流れは後に起こる悲劇を知っているだけに、いっそう胸を締め付けられる。

実際の機内で映画のようなことが起こったのか?それは犠牲者にしかわからない。

ユナイテッド93の乗客は自らの命を賭して目標物への墜落を阻止させたと英雄視する報道もあった。この映画の謳い文句も然り・・・
でも、この映画のなかで描かれる乗客が取った行動は、紛れもなく「生きるため」の行動そのものであった。決して感動作ではない、娯楽性もない。でもそんな映画もあるのだ。

|

« 追悼 | Main | ぼくの夏休み »

Comments

こんばんは!いつもありがとうございます!
この映画は、、、
視聴することなく、淡々と、きわめてリアルに流れていく。そのことがよけい、きつかったです。
この時間のこと、忘れることはないですね。

Posted by: 猫姫少佐現品限り | September 11, 2006 at 10:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/11499079

Listed below are links to weblogs that reference ユナイテッド93 -大切なのは忘れないこと:

» 9・11に捧げる「ユナイテッド93」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
土曜日の試写会に2回も行く機会があったのに 寝過ごして見逃していた 「ユナイテッド93」を公開初日に見てきました。 2001年9月11日 テロの被害にあった 「ユナイテッド93」の話です。 管制塔は完全実話 機内は、機内からの電話の内容を元に 憶測的な事も含め描かれています。 ドラマ性をほとんどなくし 「これが事実」だといってもいいぐらいかもしれませんが 本当の機内って・・・ この手の作品はコ�... [Read More]

Tracked on August 18, 2006 at 11:32 PM

» ユナイテッド93 とてもおすすめです! [よしなしごと]
 9・11事件を描いたユナイテッド93を見てきました。テーマが重いだけあって、気合いを入れてみなければ・・・。 [Read More]

Tracked on August 22, 2006 at 12:28 AM

» 『ユナイテッド93』2006・8・14に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『ユナイテッド93』? 公式HPはこちら ●あらすじ 2001年9月11日、40名の乗客乗員を乗せ、サンフランシスコに向けて飛び立ったユナイテッド93便。しかし、次々と不穏な動きをする飛行機を管制官が気づき、騒ぎになっていた・・ ●コラム あの9・11の時は皆... [Read More]

Tracked on August 22, 2006 at 10:19 PM

» 追悼9.11 ユナイテッド93 06年180本目 [猫姫じゃ]
ユナイテッド 93 2006年   ポール・グリーングラス 監督ハリド・アブダラ 、ポリー・アダムス 、オパル・アラディン 、ルイス・アルサマリ 、デヴィッド・アラン・ブッシェ 出演者、全員新人? トウシロー??てか、管制員の方々も、himself というの、多かったで...... [Read More]

Tracked on September 11, 2006 at 10:02 PM

» ユナイテッド93 [映画、言いたい放題!]
2001年9月11日。 あの日のことはよく覚えている。 珍しく早く家に帰ってテレビを点けたら ワールドトレードセンターのビルがもくもくと煙を上げた映像が。 何度も何度も飛行機が衝突する様を繰り返す映像。 まるで悪夢。 そして2機目が。 その後、ビルが崩れるなんて発想し... [Read More]

Tracked on September 12, 2006 at 12:47 AM

« 追悼 | Main | ぼくの夏休み »