« 漆黒の闇に蒼茫の光は浮かぶ・・・か? | Main | 天文時計 ASTRODEA »

August 06, 2006

時をかける少女-40年の時を越えて新しい物語が・・・

Tokikake 早朝8:50の1回上映??
タイアップもTV局も製作に加わっていない弱小作品だから?それともヲタクアニメ?
確かに館内に入場すると、***と思われるような方々がズラリ・・・

 
 
 
 
筒井康隆の原作はもとより、
1972年のNHK少年ドラマシリーズ「タイムトラベラー」(浅野真弓かわいかったです)
1983年の原田知世デビュー作の大林宣彦版「時をかける少女」(これも当時は角川映画だからって嫌われてましたね、確か・・・)と何度も映像化されていますが、今回は初のアニメ化、しかも原作の続編的な作品に仕上がっていました。しかも、原作の主人公芳山和子が本作の主人公紺野真琴の叔母として登場し、真琴に適切な助言を与えつつ、物語の重要な部分を受け持っているといった面白いつくりでした(でも、魔女おばさんは可哀想です;;)。
真琴の挙動に大笑いしつつも、時にハラハラさせられ、タイムリープの浮遊感にワクワクドキドキo(^o^)o
そして最後は爽やかな涙・・・
これってもしかして傑作アニメ?今年のワタシのランク入り確実映画?

先日、ん十年ぶりの高校のクラス会がありました。青の時代をともに過ごした21人の仲間との再会が特にこの映画に対する思い入れを強くさせてくれたのかもしれません。
あの頃は「時間」は十分すぎるほどにあり、どうやって「時間を潰す」かを必死に考えていました。
「時間は無限に存在する」と思っていたあの頃・・・
でも「時間は無限ではない」ことに気づき始めたあの頃・・・

現役高校生はもとより、ちょっと昔に高校生だったアナタ、そして遥か昔にそうだったアナタにも是非見ていただきたい、そんな映画でした。

(ゲド戦記も見ましたが、どちらか選べといわれれば・・・コチラをオススメします。)

「時をかける少女」公式HP公式Blog
主題歌・挿入歌も良かった→奥華子の公式HP

【追記】
2006年度毎日映画コンクールのアニメーション映画賞受賞

|

« 漆黒の闇に蒼茫の光は浮かぶ・・・か? | Main | 天文時計 ASTRODEA »

Comments

こんにちは♪
やっと公開されています。
見れて良かった~!
○ド戦記と比べたくはないですが、こちらは絵がとても美しかったです。

Posted by: ミチ | October 04, 2006 06:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 時をかける少女-40年の時を越えて新しい物語が・・・:

» 時をかける少女 [ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!]
原作=筒井康隆。監督=細田守。脚本=奥寺佐渡子。キャラクター・デザイン=貞本義行。美術監督=山本ニ三。音楽=吉田潔。 原作世界から全く新しいヒロインが、40年の時空を超えて現代へタイムリープしてきました。 爽やかで切ないアニメ版『時をかける少女』の誕生です。☆☆☆�... [Read More]

Tracked on August 06, 2006 08:11 PM

» 時をかける少女・・・・・評価額1600円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
筒井康隆原作の、あまりにも有名なSFジュブナイル小説の三度目の映画化。 またまたリメイク作品である。 最初の映画化は83年の原田知世主演・大林宣彦監督版。 二度目は97年に、83年版の製作を手がけた角川春樹監督で映画化。 ... [Read More]

Tracked on August 06, 2006 11:45 PM

» 未来で待ってる。~「時をかける少女」~ [ペパーミントの魔術師]
まずは公式サイトへ。 http://www.kadokawa.co.jp/tokikake/ それから TBに来てくださった「海からはじまる」さんとこのレビューが かなり詳しいですので、ご参考に。 ・・・ピョ~~ンって飛んでゴロゴロゴロゴロ。 大概はどっかにぶつかり、さらにはモノがふってくるが、..... [Read More]

Tracked on August 07, 2006 10:43 AM

» 時をかける少女(アニメ版)  爽快!!躍動!! 原作者の折り紙つき2代目誕生!! [もっきぃの映画館でみよう]
タイトル:時をかける少女/邦画アニメ ジャンル:青春/2006年/100分 映画館:テアトル梅田1(96席) 鑑賞日時:2005年7月30日(日),14:35〜 満員+立見15人 私の満足度:75%  オススメ度:75%  <序> ♪あなた 私のもとから  突然消えたりしなでねーぇー  私は、時をかける少女=原田知世 の世代である。  実際にその映画をみたのはかなり後のことであるが、  TVでこの歌は何度も聞いた。    実は、私が�... [Read More]

Tracked on August 08, 2006 12:03 AM

» ”時かけ”から”トキカケ”へ「時をかける少女」 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
今年の夏のアニメで 一番評価の高い 「時をかける少女」を 観てきました。 大阪での公開も3週目になるのに 場内が満席状態でびっくりしました。 原作はご存知「筒井康隆」 もう40年前の原作になるんですね。 高校2年生の「紺野真琴」が 自転車で遭遇した踏切事故の瞬間 時間を跳躍する体験をする。 それが「タイムリーブ」 それから自由に時空を超える 力を身につけるのだが・・・ 重なる謎と不思議な恋心〜 高2のひと夏のジュブナイル。 作品の出来から言え... [Read More]

Tracked on August 10, 2006 10:17 AM

» 「時をかける少女」躍動感あるストーリーで見ていて楽しい [soramove]
「時をかける少女」★★★☆オススメ 細田守 監督、2006年 実写版のストーリーを念頭に見はじめたので、 途中で混乱した。 話を現代に置き換えただけでなく ストーリーはほぼ別物だった。 主人公の溌剌とした感じや、 高校の頃の貴重なムダ使いの毎日が ...... [Read More]

Tracked on August 17, 2006 09:56 PM

» 時をかける少女 [ネタバレ映画館]
あ、タイム・リープできる回数が減ってる・・・6回、5回、4回、今何時だ?9回、8回・・・と増えたりしない。 [Read More]

Tracked on September 25, 2006 01:10 AM

» 映画 『時をかける少女』 [Death & Live]
すごいんだよ、このアニメ。 『時をかける少女』  2006年 監督 : 細田 守 話題の映画だよね。 話題になるだけあるよね。 原作とはまったく違うし、 原田知世の映画とも雰囲気全然違う。 なんかね、たまらなくいいんだよキャラクターが。 主人公の真琴といいヤロー2人といい。 ここいうヤツらがいてくれたらいいなってキャラなんだな。 自分の高校生活を重ね合わせるには、 あまりに年代が離れすぎて�... [Read More]

Tracked on September 25, 2006 11:25 PM

» 映画「時をかける少女」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「時をかける少女」 筒井康隆の名作「時をかける少女」を、新たな構想で製作した劇場用アニメーション。 高校2年生の紺野真琴は自転車事故をきっかけに時間を跳躍する能力を持ってしまう。真琴は女の子ながらクラスメイトの功介や転校生の千昭とつるんでキャッチボールをする仲。こういう年頃の男女3人の関係ってとても危なっかしい。異性が親友でいるのはとても難しいことだと思う。真琴はいつまでもこの3人の友情が続く事を望んでいたけれど、... [Read More]

Tracked on October 04, 2006 06:23 PM

« 漆黒の闇に蒼茫の光は浮かぶ・・・か? | Main | 天文時計 ASTRODEA »