« グッドナイト&グッドラック-テレビはメカの詰まった「ただの箱」だ | Main | 花よりもなほ-にげあし、をしえます »

June 04, 2006

ブレゲ・フェアは今年も凄かった

いつもお世話になっている下村時計店さんの「ブレゲフェア」、昨年に引き続き見に行きました。今回の目玉はなんと言っても200年の時を越えて創られた、ブレゲ・トラディションでしたが、お店についてビックリ^^
なんと日本にあるトゥールビヨンがほとんど来ているのではないかというくらい陳列してありました。フェアというよりもブレゲ博物館の様相を呈していました。
しかも手にとって見せていただくわ、ミニッツリピーターは鳴らしていただくわともうやりたい放題でした^^ホントいつもありがとうございます。
また、彫金やギョシェ彫の作業の様子やブレゲ針に焼きを入れてブルーに変わっていく様を映したDVDも店内で流されており、ブレゲの技術・芸術性を堪能させていただきました。

B_trad_1 ←トラディション。200年の歳月に敬礼(^o^)ゞ
 
 
 

B_oneline ←1列に並んだ、one-line 永久カレンダーの7717
 フェイスがシンプルです。
 
 
B_mr ←ミニッツリピーターの3637
2つのGONGが動くさまも見ることができます。
 
 
 
B_eq ←equation of time機構を搭載した3477
お店の方に操作していただき、2時位置にあるインジケーターで均差補正をしている様子を見ることもできました。
 
 
B_tbback ←そして、ほんとに美しい彫金
 
 
 
 
そして、店内にはさらに美しいものが・・・

今日は広島の夏を告げるゆかたまつり「とうかさん」の日。

女性スタッフの皆さんのゆかた姿でした。

写真でお見せできないのが本当に残念です。

ブレゲ公式サイト(本国)→コチラ    

|

« グッドナイト&グッドラック-テレビはメカの詰まった「ただの箱」だ | Main | 花よりもなほ-にげあし、をしえます »

Comments

gajumaruさん、こんばんは。

先日はご来店&ブレゲフェアの投稿ありがとうございました。
今回のブレゲフェアは驚愕のモデルが店頭にならんでおり、普段は僕達でも拝めない商品(イクエーションパーペチュアル)でさえもその作動を日送りで確認できたりと、面白さ満載でしたね。僕までもすっかり舞いあがってしまった4日間でした。

メカニズムの凄さと、作り込みの素晴らしさは世界最高峰としてあげられるブランドならではですね。いやはや、雲の上は素晴らしき世界です。いつかそこまで行きたいな。

また、色々なお話聞かせてくださいね!

Posted by: かずsun | June 04, 2006 at 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/10382174

Listed below are links to weblogs that reference ブレゲ・フェアは今年も凄かった:

« グッドナイト&グッドラック-テレビはメカの詰まった「ただの箱」だ | Main | 花よりもなほ-にげあし、をしえます »