« 明日の記憶-ポジティブ・シンキングで生きよう | Main | ブレゲ・フェアは今年も凄かった »

May 30, 2006

グッドナイト&グッドラック-テレビはメカの詰まった「ただの箱」だ

Gngl 2時間を越えるのが当たり前のようになっている今の映画で、93分は短編映画のよう。長けりゃ良いってもんじゃない好例。

全編モノクロで、BGMはJAZZ。始終紫煙が立ち昇り男臭さムンムンでした。禁煙して半年のワタシにはチョット厳しい;;

50年代、アメリカ中を恐怖に陥れた「赤狩り」をテーマにした映画は数多くあったが、この作品では市井の人々を襲った悲劇にジャーナリストとして完全と立ち向かう男たちを描いている。物語の最初と最後に語られるエド・マローの演説がこの映画の全てを語っていた。
煙草の吸い過ぎが原因でしょうか、若くして亡くなったエドが50年後の現在のTV界を見たとき、どういう演説をするのでしょうか?

一番胸に刺さったのは、番組の打ち上げの最中に仲間のホレンベックが自殺した連絡を受けるくだり・・・
彼から相談を受けたにもかかわらず、何もできず、しかも死に至らせたものは何かの確証が得られないため翌日の番組では一言訃報をコメントするのみ。このときのエドとフレッドの悲しみ・・・

いつも読ませていただいている「まつさんの映画伝道師」の中で、エドの演説が引用されてました。→コチラ

エドの演説の全文は、コチラ(原文)

でも、93分という短い時間なのに広告主のアルコアとケントのCMを流した意味は何だったんでしょうか?

|

« 明日の記憶-ポジティブ・シンキングで生きよう | Main | ブレゲ・フェアは今年も凄かった »

Comments

こんにちは♪
TBありがとうございました。
90分前後で作品を仕上げていただくとスッキリと嬉しいですね。
白黒にジャズとタバコの煙が映えてとても好きな雰囲気の作品でした。
ジャーナリストの良心はいつの時代でも求められますが、不穏な空気の時ほど勇気を持ってそれを貫いてほしいですね。

Posted by: ミチ | July 02, 2006 at 08:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/10313080

Listed below are links to weblogs that reference グッドナイト&グッドラック-テレビはメカの詰まった「ただの箱」だ:

» ■〔映画雑談Vol.20〕今年鑑賞したシリアス・タッチの映画たち [太陽がくれた季節]
―含、『グッドナイト&グッドラック』(2005/ジョージ・クルーニー)鑑賞プチ・メモ&more... ●5月24日(水) こんばんは、ダーリン/Oh-Wellです。 ここ東京では、今日(5/24)夕方18時ほどから雷を伴なった大雨に。 矢張り、六月の梅雨時とは違って、朝、傘を持たずに家を出た勤め人や学生など等が少なくなかったようですね。 19時半頃の自宅最寄り駅前などでは、駅の建物から出れぬ人でもって普段よりも可也混雑していました。 23時過ぎ現在、雨脚こそ弱まってはいる... [Read More]

Tracked on June 01, 2006 at 09:05 PM

» 映画「グッドナイト&グッドラック」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「グッドナイト&グッドラック」 “赤狩り”の嵐が吹き荒れる1953年のアメリカで、ニュースキャスターのエド・マローたちは真実を報道することを決意する。タイトルはマローが番組の最後に必ず言ったセリフ。 全編白黒映像で重厚な雰囲気が漂う。当時の映像も多く使われていて臨場感もある。 監督、脚本、役者と3役をこなしたジョージ・クルーニーは、実父がニュース・キャスター。エド・マローは彼にとって偉大なヒーローだったらしい... [Read More]

Tracked on July 02, 2006 at 08:48 PM

« 明日の記憶-ポジティブ・シンキングで生きよう | Main | ブレゲ・フェアは今年も凄かった »