« 桜満開 | Main | ノラ・ジョーンズの2枚を聴く »

April 12, 2006

プロデューサーズ~最低は最高?

白バラの祈り」に続いての「ナチスもの??」・・・「プロデューサーズ」を鑑賞。

メル・ブルックスのオリジナル「プロデューサーズ」は未見。(モチロン、ブロードウェイの舞台も未見^^;)でも、ジーン・ケリー、フランク・シナトラのミュージカル映画や「ウエストサイド物語」などのブロードウェイ舞台の映画化ものの好きなワタシとしてはこの映画ははずせません。

小心者の会計士がふとしたことでショウビズ界で確実に儲ける法則を発見。落ち目のプロデューサーに粉飾決算(既に今年の流行語大賞)を持ちかける。

その法則とは・・・
出資者を募る→最低のミュージカルを作る→一晩でコケる→出資者に配当を支払わずにすむ→プロデューサー大儲け
というもの。早速プロデューサーは最低のミュージカルを作るべく・・・・

「最低の脚本」+「最低の演出家」+「最低の役者」=「最低のミュージカル」

となるはずが・・・・

さすが、喜劇王、メル・ブルックス。笑いのツボをしっかり抑えています。
さすが、屈指の振付師、スーザン・ストローマン。ミュージカルを知り尽くしています。

舞台でも主役を演じたネイサン・レイン、マシュー・ブロデリックはもとより、ユマ・サーマン、ここでも怪優ぶりを存分に発揮しています。

お楽しみはエンドロールにも・・・
くれぐれも途中でお立ちにならないように・・・・

|

« 桜満開 | Main | ノラ・ジョーンズの2枚を聴く »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/9556596

Listed below are links to weblogs that reference プロデューサーズ~最低は最高?:

» 『プロデューサーズ』 [みみの部屋]
http://www.cinematopics.com/cinema/works [Read More]

Tracked on April 12, 2006 at 09:46 PM

» 映画「プロデューサーズ」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「プロデューサーズ」★★★★ これぞまさにエンタテインメント! ブロードウェイでミュージカルを見る機会がない者にとって、この映画はまるで本当の舞台を見ているような気分にさせてくれた。舞台を映画化する際に、“映画ならではの演出”を加えるのもいいけれども、この作品では“舞台そのまま”という感じ。それが物足りない方もいるかもしれないけれど、私にはそれがとても良かった。 ストーリーは本当にふざけていて、「一晩で大コ�... [Read More]

Tracked on April 12, 2006 at 10:14 PM

» プロデューサーズ [シャーロットの涙]
ミュージカルのテンションの高さには、いつも拍手です・・・{/hakushu/} コメディなら尚更だと思うのだけど、このテンションがなければ観客を引き込めませぬ。 そこが、イマイチと思う方はなかなか入り込めないでしょうね。 歌いながら演技、というのは違和感を感じていた自分がなぜかミュージカル大好きになったのは、音楽が好きだったということもあるけど、場が盛り上がり舞台上の役者さんと観客が一体�... [Read More]

Tracked on April 12, 2006 at 10:53 PM

» 『プロデューサーズ』 2006・4・9に観ました [映画と秋葉原とネット小遣いと日記]
『プロデューサーズ』   公式HPはこちら ●あらすじ 1959年、ニューヨーク。ブロードウェイで、今やすっかり落ち目のプロデューサーのマックス(ネイサン・レイン)小心者だけど夢はブロードウェイのプロデューサーの会計士のレオ(マシュー・ブロデリック) そん... [Read More]

Tracked on April 14, 2006 at 01:30 PM

» プロデューサーズ / The Producers [我想一個人映画美的女人blog]
{/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} {/kirakira/} 1968年アカデミー賞脚本賞を受賞した、 メルブルックス脚本の映画「プロデューサーズ」 その後2001年にブロードウェイでミュージカル化、トニー賞史上最多の12部門! 2005年、リメイク決定。ニコー�... [Read More]

Tracked on April 15, 2006 at 10:17 AM

» プロデューサーズ、絶対大コケも難しい [夜明け前]
人間、つまらないことを思いつくものです。最低の映画を作れば、大損こいて、粉飾決済でボロ儲け。そんなシナリオを胸に、怪しげなブロードウェイの世界を駆け抜ける二人が主人公のミュージカル映画です。二人のコント辺りからグッと引かれ、気付いたら、一緒に、バカな歌を口ずさんでいました。...... [Read More]

Tracked on April 16, 2006 at 03:49 AM

» プロデューサーズ(映画館) [ひるめし。]
のはずが、の傑作に―――  それはブロードウェイの神様のイタズラ。 CAST:ネイサン・レイン/マシュー・ブロデリック/ユマ・サーマン/ウィル・フェレル/ロジャー・バート 他 ■アメリカ産 134分 げっ!!・・・・ ウィル・フェレルが出てるのか〜。この人苦手・・・・。 でも出番がそんなになくてよかった〜。とてゆーか、みんなキャラ濃すぎ。。。 おもしろ〜かったけ�... [Read More]

Tracked on April 16, 2006 at 03:19 PM

» プロデューサーズ [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリックを誰だかよく知らないで見に行ったのだが 特別、顔も良い訳でもなくオジサンと中年(?)のコンビだが本当に面白い。 主役のネイサン・レインは、濃いキャラクターたちのなか埋もれることなく ひときわ存在感を感じました。会計士役のマシュー・ブロデリックの毛布を嗅ぐしぐさは 愛嬌があっていいです!毛布をとりあげたりして、いじめたい感じですねぇ~。 スクリーンに映るすべてのキャラクターが面白くて面白くて上げたらきりがないです。 「オペラ座~」とかにくらべたら入りやすいと思い... [Read More]

Tracked on April 19, 2006 at 10:29 AM

» ★プロデューサーズ@品川プリンスシネマ:4/19 Wed. [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
映画鑑賞が趣味になってからまだ1年も経っていない私は、自分が見る映画はほとんどのジャンルが未だに新鮮に映る。 『ハリー・ポッター』を見てはCGが作り出したファンタジーの世界にウットリし、『プロミス』を見れば「こりゃすごいわ!」とワイヤーアクションに驚く。 ..... [Read More]

Tracked on April 20, 2006 at 02:02 PM

» プロデューサーズ [とにかく、映画好きなもので。]
 1959年のニューヨーク。  落ちぶれたブロードウェイのプロデューサー、マックス(ネイサン・レイン)の事務所に会計士のレオ(マシュー・ブロデリック)が帳簿を調べにやってくる。  会計帳簿を見たレオはショーをわざとこけさせ、粉飾決済で儲ける....... [Read More]

Tracked on April 21, 2006 at 01:10 AM

» 【劇場映画】 プロデューサーズ [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 最低のミュージカルをプロデュースせよ!?1959年のニューヨーク。落ちぶれた大物演劇プロデューサー、マックスの事務所に会計士のレオが訪れた。帳簿を調べたレオが、ショウがこけたほうがお金が儲かるという摩訶不思議な事実に気づいたことで、マックスのやる気が充満。レオを巻き込み、大金をせしめようと、初日=楽日を目指す史上最低のミュージカルのプロデュースが始まった!そしてまたとない史上最低の脚本「春の日のヒトラー」が見つかる。 (goo映画より) とにかく面白かったです(笑) でてく... [Read More]

Tracked on April 26, 2006 at 12:12 AM

» プロデューサーズ [アキラ's 映画評論]
ミュージカルプロデューサーの映画。 68年に発表された映画で、2001年にブロー... [Read More]

Tracked on May 01, 2006 at 01:57 AM

» プロデューサーズ [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
プロデューサーズ 原題: The Producers (2005) 2006年4月8日 日本初公開 公式サイト: http://www.sonypictures.jp/movies/theproducers/ 日劇PLEX 1 2006年5月1日10時00分からの回 ゴウ先生ランキング: A-... [Read More]

Tracked on May 03, 2006 at 12:43 PM

» 「プロデューサーズ」下品で贅沢で見た目勝負の笑いの舞台 [soramove]
「プロデューサーズ」★★★★ ネイサン・レイン、マシュー・ブロデリック主演 スーザン・ストローマン 監督、2005年アメリカ ブロードウェイ・ミュージカルを 実際には見たことはないが 度派手な舞台を見ている気分にさせてくれる映画 ままにならない現実を嘆く...... [Read More]

Tracked on May 11, 2006 at 07:44 AM

» プロデューサーズ [Alice in the Theater]
本日二本目そしてこの映画は2回目の鑑賞です。前回は睡眠不足のために面白さよりも怒りが先行したのですが、万全の体調で見るとやはり面白かったです。特にゲイのヒトラーにやられました。 アカデミー賞に輝くメル・ブルックス監督・脚本による1968年の傑作コメディを...... [Read More]

Tracked on May 11, 2006 at 01:45 PM

« 桜満開 | Main | ノラ・ジョーンズの2枚を聴く »