« THE 有頂天ホテル | Main | 疾走~誰か一緒に生きて下さい »

January 24, 2006

深田恭子の「天使」

信じていれば、必ず願いは叶う。

tenshi   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 

 
下妻物語」でははじけてた深キョン、今回の「天使」では台詞ナシの難しい役どころでしたが、・・・

なんのなんの^^お見事の一言です。ホントにキュートな天使でした。羽根なんかつい、触ってみたくなる^^;

きっとワタシには見えないんだろうなぁ・・・天使TT
ジンライム、窓辺に置いてみるかな。

幼稚園児のちいちゃんがなんで「パレード」なんて歌、知ってんだろー??

|

« THE 有頂天ホテル | Main | 疾走~誰か一緒に生きて下さい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/8320192

Listed below are links to weblogs that reference 深田恭子の「天使」:

» 「 天使 」 [MoonDreamWorks]
監督 : 宮坂まゆみ 脚本 : 奥寺佐渡子 主演 : 深田恭子          公式HP:http://www.tenshi.bz/ ☆深キョンによる深キョンのための映画・・・っと言う感じかな☆心に悩みがあったら、恋に臆病になったら、そっと窓辺にジン・ライムを置いてみてはい...... [Read More]

Tracked on January 24, 2006 at 10:18 PM

» 映画 「天使」 舞台挨拶レポート [STABLO.G|スタブロのブログ]
朝から雪が降りしきる今日。 久し振りの雪景色に心躍り、窓を何度も開けたりと、どこか落ち着かない。 食事を済ませ、フンフンッと鼻歌交じりに身支度に取り掛かる。 この気持ち悪いご機嫌な姿は、雪だけが齎したものではない。 実は今日、映画「天使」公開を記念し....... [Read More]

Tracked on January 25, 2006 at 10:32 AM

» 【劇場鑑賞6】天使(tenshi) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
突然・・・ 彼女は舞い降りた 愛に臆病な人のために・・・ いつでも見守り・・・ ほんの少しの勇気をくれる・・・ 大きな愛を感じて 素直な気持ちになれる 心温まる、ラブファンタジー 信じれば、あなたの願いも叶う ... [Read More]

Tracked on January 26, 2006 at 12:35 AM

» 天使 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
桜沢エリカの漫画「天使」、「天使の巣」を映画化した作品です。 恋に臆病なコンビニの店員、カトウ(内田朝陽)、恋人(永作博美)と子どもとの間で揺れ動くシングルファーザーの吉川(永瀬正敏)などが暮らす東京のある街に、ある日、天使(深田恭子)が舞い降ります。ジンラ... [Read More]

Tracked on February 03, 2006 at 08:30 PM

» 天使 [まつさんの映画伝道師]
第347回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  天使は元来日本で馴染みのものではなかった。 「天使」は「天子」の使い、つまり「天子」=「天皇」の使者であったからだ。この「勅使」ともいうべき「天使」はあくまでも特使であ....... [Read More]

Tracked on February 05, 2006 at 07:32 AM

» 天使 [欧風]
28(土)は「ヒトラー ~最後の12日間~」、「オリバー・ツイスト」と観て、3本目も観ちゃおうかな?と思いましたが、1本目も2本目も眠くなるところがあり、3本目観ても爆睡して金の無駄になるんじゃないかと思い、断念。 で、まあ普通の人ならそれでその週末が終わりそうなところなんですけれども、私はどうも普通じゃないらしく、翌日の日曜も観に行ってしまいました(^_^;)。だって~、って言い訳させて貰うと、元々観たかった映画が2本あって、なんか早く終わりそうなんで行ける時に行かねばという使命感があったか... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 at 07:53 PM

« THE 有頂天ホテル | Main | 疾走~誰か一緒に生きて下さい »