« 10月30日火星最接近 | Main | ブライトリング3種 »

October 29, 2005

大腸内視鏡検査 【その2】

「上は下着だけになってください、下はパンツも脱いで、このズボンを履いてくださいね。穴のあいてるほうが後ろですよ」

排泄物は見られてるし、もうこうなりゃ恥ずかしさのかけらもありません、履いちゃいます、穴あきズボン^^;

何の点滴だろうか左手に点滴を打たれると、またもや便意が・・・;;
すいません、ちょっとトイレにいきたいんですけど・・・
点滴を手にトイレに歩く姿はもうすっかり病人^^

トイレから戻ると、「じゃぁ、検査室に移動しますね、車椅子に乗ってください」
もう完璧に病人です^^

検査室に入ると、鎮静剤と腸の動きを緩める注射。「ちょっと痛いかもしれませんが、そんなに時間はかかりませんから・・・」

パンツの穴のあいた部分からニョロっと・・・「大腸には痛点はないらしいよ」という同僚の言葉を鵜呑みにしたワタシが馬鹿でした;;やっぱり痛い;;

左に向いたり、仰向けになったり、時々悶絶しながらも内視鏡はどんどん奥に進み、最深部まで行ったところで、「さあ、戻りますよ」といううれしくなる様な先生の声^^

ところが・・・

(先生) あれー、ポリープがありますね。どうしましょうか?
(ワタシ)どうしましょうって・・・ほっといても大丈夫なんですか?
(先生) 悪いものではないので、そのままにしてもいいですけど、来年の検査の時には取らないといけないかも知れませんねぇ
(ワタシ心の声)こんなしんどい検査来年も受けるの決定?勘弁してよー
(先生) 切除するとなると用心のため1泊ほど泊まってもらいますけど・・・切除は全然痛くないですよ^^
(ワタシ)じゃぁ、取ってください・・・

切除は実にあっけなく終わった。感覚的には「ポン!」ってはじけた感じ^^

で、そのまま入院。夕食はまたもやお粥^^;
翌日に採血して異常がなければ昼には退院できるということ
切除したポリープの検査結果はあらためてお知らせしますので、また来院してください。

さて、結果やいかに??

【結論】
大腸検査は、胃カメラより痛い。
恥ずかしさは最初のウンチとともに消えてなくなる
2日間の腸内洗浄後は、快食快便^^月に一度くらいは断食もいいのかな

|

« 10月30日火星最接近 | Main | ブライトリング3種 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/6713057

Listed below are links to weblogs that reference 大腸内視鏡検査 【その2】:

« 10月30日火星最接近 | Main | ブライトリング3種 »