« 鈴木さんに触発されて | Main | オーバードライヴ(DVD) »

July 16, 2005

「フライ、ダディ、フライ」原作本読了

FDF 映画『フライ,ダディ,フライ』の原作本、金城一紀著『フライ,ダディ,フライ』を映画鑑賞後に購入、読了しました。

原作の朴瞬臣と映画の岡田准一とのイメージの違いについて、ちょっと異なるといった意見が多い中で読んだのですが、映画を先見したせいか特に違和感はなかったですね。
最初からグイグイと引っ張り込まれるようなスピード感、初金城でしたが、あっという間に読めました。映画同様面白い作品でした。

映画にはやはり尺があり、瞬臣と鈴木の絆にあまり長く時間がかけられなかったからこそ「石」のエピソードが必要だったのでしょうね。

それにしても、映画でもよくわからなかった瞬臣と南方らゾンビーズとの関係がやっぱり理解できなかった。やはり引き続きシリーズの「レヴォリューションNo.3」、「SPEED」を読まねば・・・

松明のごとく、なんじの身より火花の飛び散るとき
なんじ知らずや、わが身を焦がしつつ自由の身となれるを
持てるものは失われるべきさだめにあるを
残るはただ灰と、嵐のごとく深遠に落ちゆく混迷のみなるを
永遠の勝利の暁に、灰の底深く
燦然たるダイヤモンドの残らんことを

  『灰とダイヤモンド』イェージィ・アンジェイェフスキ著 川上洸訳

京の昼寝~♪:「フライ・ダディ・フライ」(金城一紀著)にTB

|

« 鈴木さんに触発されて | Main | オーバードライヴ(DVD) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「フライ、ダディ、フライ」原作本読了:

» 「フライ・ダディ・フライ」(金城一紀著) [京の昼寝〜♪]
★「フライ・ダディ・フライ」金城一紀著【講談社】  いや〜、久しぶりに先が読みたくて読みたくて仕方が無いくらい面白い本に出会いました! そもそも週末にシネコンで映画を観るたびに、色んな予告編を楽しみに観ているのですが、その中の一本にこの『フライ・ダディ・フライ』が記憶に残りました。 かみさんは岡田クンが出るのでそっちが記憶に残ったそうですが(笑) ?!  で、かみさんが『東京タワー』を観てから原�... [Read More]

Tracked on July 17, 2005 12:40 AM

» さてと。皆さんネタバレ注意だぜ☆ [天才と紙一重。]
まずは最近の発見から! 鮴田 毛(ゴとモを入れ替える事をオススメします)くんを誤解してました。 先日、がつこうへ行かうを見ていたのですが、まぁぶっちゃけチャミィにしか 興味なかったんで「鮴田とかいらねぇよー」とか思ってました、すみません。 鮴田=カッコつけ。とい..... [Read More]

Tracked on September 03, 2005 11:26 PM

« 鈴木さんに触発されて | Main | オーバードライヴ(DVD) »