« 三倉岳を登ってきました | Main | ノラ・ジョーンズ その後 »

April 20, 2005

コーラス

シネツイン1にてコーラスを鑑賞。Chorus

涙がこぼれそうなとき、歌があった。

 

 

ジャック・ペラン、かいしんのいちげき^^
話題のジャン=バティスト・モニエ演ずるピエールの「奇跡の歌声」にワタシも思わず涙しましたTT
ほかの少年たち、特にジャック・ペランのご子息の演じたペピノ少年がなんともいえない愛くるしさを醸し出しています。これも血のなせる業か・・・

1時間37分と短めの作品ですが、初長編作品ながらも無駄を省いた演出はバラティエ監督の力量か。

ネタばれになるので書けませんが、ラストシーンがぐっとこの映画を引き締めていますね。ここで、泣きましょう^^

で、ちょっと気になったこと。
問題児モンダンの描き方に???
見終えた後に公式HPを見てなんとなくわかった気がしました。
以下公式HPからの引用

不良のモンダン役に選ばれたのは、実際に青少年更生施設に入っている少年で、担当判事の猛烈な反対を監督自身が熱意ある説得を繰り返すことにより、やっと許可が下り出演が実現した。この少年は撮影中、問題を起こさないばかりか他の子供たちを常に優しく気遣っていたという。

「文部科学省特別選定」というありがたい肩書きがついてしまってますがいろんな人に見てもらいたい映画ですね。

そんなこんなで、★★★☆

|

« 三倉岳を登ってきました | Main | ノラ・ジョーンズ その後 »

Comments

TBありがとうございます。
モンダン君にはそんな事実があったのですね~知らなかったです。

Posted by: kossy | April 20, 2005 at 02:10 AM

gajumaruさん、こんばんは。

 gajumaruさんの映画コメントの中でいろいろ参考にさせてもらった結果、フランス語のトレーニングにこのDVDを選んでみようと思います。

家ではDVD。外ではサントラCDをipodで。
とにかく、『習うより、慣れろ!!』の教えを忠実に守りたいと思います。^^

Posted by: かずsun | January 15, 2006 at 09:45 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/3774225

Listed below are links to weblogs that reference コーラス:

» 『コーラス』 [京の昼寝〜♪]
 涙がながれそうなとき、歌があった ■監督 クリストフ・バラティエ ■キャスト ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン  世界的指揮者のピエール(ジャック・ペラン)は、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人のペピノが一冊の日記を手渡した。 時は、1949年のフランス。 ... [Read More]

Tracked on April 20, 2005 at 12:21 AM

» コーラス [ネタバレ映画館]
 “譜面台”と呼ばれた生徒・・・友達は歌っているのに自分はずっと譜面持ち。その後の彼の人生がどんな風だったのか無性に知りたくなった。  世界的指揮者モランジュ(ジャック・ペラン)とペピノが50年ぶりの再会を果たし、マチュー先生(ジェラール・ジュニョ)の日記を基にゆったりと過去の寄宿舎生活が語られる。最初は体当たり教師による熱血学園もの映画のように始まるエピソードではあったが、次第に教育を中心とした映画ではないことがわかってく... [Read More]

Tracked on April 20, 2005 at 02:11 AM

» コーラス [利用価値のない日々の雑学]
正直なところ、この作品を観終わったとき、どうして自分は映画を観るのだろうか。一体何のために、忙しい中に時間とお金を使って、それも、新作なら週に2~3本、旧作もDVDを含めれば、略毎日の様に時間を割いているのだろうかという基本的なことに疑問を持った。勿論、このブログを書いていろからではない。これは、学生時代から続けている、いわば習慣なのであろう。だから、違う趣旨で初めたこのブログも、毎日のことであるから「映画ネタ」になってしまったという訳である。 では、何故そんな疑問をこの作品の終了後に、作品の... [Read More]

Tracked on April 20, 2005 at 11:55 PM

» DVD「コーラス」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
お話自体は、ベタなんだけど少年達の歌声が素晴らしくて良かったです! 問題児少年達が集まる寄宿舎に新任の教師がやってくる。校長は生徒のことは考えずに上からの評価だけを気にしているような人。生徒達に歌を歌わせることによって団結していく様子が素晴らしい~!...... [Read More]

Tracked on December 31, 2005 at 11:00 AM

« 三倉岳を登ってきました | Main | ノラ・ジョーンズ その後 »