« きょうのできごと | Main | Breguet再び »

February 12, 2005

半落ち

DVDにて鑑賞。
佐々部清監督作品2004年。主演:寺尾聰

原作は横山秀夫。2002年のベストセラー小説ですが、未読。
特に前知識を持つことなく鑑賞しました。自分で書いててなんですけども、前知識を持って望むと大概の場合、期待に反することが多い。

前半部は、警察(県警)と検察(地検)の対立とマスコミの絡みで、なんだかなぁと見てましたが、
後半部、弁護士や判事が登場してくるあたりで状況が変わってきます。

急性骨髄性白血病-骨髄ドナー、アルツハイマー病-介護問題、命の尊厳、裁判官制度
現在の様々な問題を監督が次々と投げかけてきます。

  「あなたは誰のために生きていますか」
  「あなたに守りたい人はいますか」

寺尾聰の台詞は少ないけれども、ひきつける力演といろいろなことを考えさせてくれるという点で
★★★☆を差し上げます。

でも、ラストシーンは私的には不要・・・・

|

« きょうのできごと | Main | Breguet再び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/80776/2897693

Listed below are links to weblogs that reference 半落ち:

« きょうのできごと | Main | Breguet再び »